■資料請求 ■お問い合わせ ■プライバシーポリシー

木プラス鉄で建てる、家族を守る家 「テクノストラクチャー」

通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いウレタンフォーム。アクアフォームは水を使って現場で発泡させます。これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填することができます。アクアフォームはオゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスをまったく使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人にも施工する人にもやさしい素材です。

 

 パナソニック テクノストラクチャーホームページはこちら 

通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いウレタンフォーム。アクアフォームは水を使って現場で発泡させます。これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填することができます。アクアフォームはオゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスをまったく使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人にも施工する人にもやさしい素材です。

▲ページ上部へ戻る

災害や経年劣化によってたわみやすい梁。そこに軽量なH型鋼を芯材にし、補強したのがテクノビームという、パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。テクノストラクチャーの家では、このテクノビームを使い、物件に合わせて工場生産するので、高品質な梁を安定してご提供いたします。

 
 

災害や経年劣化によってたわみやすい梁。そこに軽量なH型鋼を芯材にし、補強したのがテクノビームという、パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。テクノストラクチャーの家では、このテクノビームを使い、物件に合わせて工場生産するので、高品質な梁を安定してご提供いたします。

▲ページ上部へ戻る

木と木をつなぐ一般的な方法である「ほぞ加工」。 この方法は有効な手段である反面、地震など大きな力が加わった場合、接合部に損傷を受けやすいという弱点があります。そこでテクノストラクチャーでは、断面欠損を最小限に抑え、かつ接合強度を高めた独自の接合金具を開発し、住宅の強度を高めています。

 

柱と梁や土台など、引き抜き力がかかる接合部には、ほぞ金具にドリフトピンを直角に打ち込む、ドリフトピン接合を採用しています。

 

木と木をつなぐ一般的な方法である「ほぞ加工」。 この方法は有効な手段である反面、地震など大きな力が加わった場合、接合部に損傷を受けやすいという弱点があります。そこでテクノストラクチャーでは、断面欠損を最小限に抑え、かつ接合強度を高めた独自の接合金具を開発し、住宅の強度を高めています。

柱と梁や土台など、引き抜き力がかかる接合部には、ほぞ金具にドリフトピンを直角に打ち込む、ドリフトピン接合を採用しています。

▲ページ上部へ戻る

いくら構造部材が強くても、従来のように構造体の組み方(構造設計)がカン頼みでは、耐震性の高い建物にはなりません。そこでテクノストラクチャーでは、一邸一邸しっかり強度チェックしながら緻密な構造設計・構造解析を行なっています。厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応した構造計算を行なっているので、すべての家に安心をご提供いたします。

 

テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。 万一の自然災害にも耐えられる構造設計を、すべての物件で追求しています。

いくら構造部材が強くても、従来のように構造体の組み方(構造設計)がカン頼みでは、耐震性の高い建物にはなりません。そこでテクノストラクチャーでは、一邸一邸しっかり強度チェックしながら緻密な構造設計・構造解析を行なっています。厳しい自然条件と、地域特有の設計条件に適応した構造計算を行なっているので、すべての家に安心をご提供いたします。

テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。 万一の自然災害にも耐えられる構造設計を、すべての物件で追求しています。

▲ページ上部へ戻る

 

テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。 万一の自然災害にも耐えられる構造設計を、すべての物件で追求しています。

テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。 万一の自然災害にも耐えられる構造設計を、すべての物件で追求しています。

 制震システムについて詳しくはこちら 

テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。 万一の自然災害にも耐えられる構造設計を、すべての物件で追求しています。

テクノストラクチャー工法の住まいはすべて、建てる前に構造強度を徹底チェック。 万一の自然災害にも耐えられる構造設計を、すべての物件で追求しています。

▲ページ上部へ戻る